ブログ

人相科学って占いみたいなもの?

人相科学(パーソノロジー)は占いではなく、統計学になります。

顔を見ただけで、その人が取る行動の傾向が知れる訳です。

アメリカで2万人以上の統計をとり、約85%の精度で正確と確認できているものです。

例えば、

  • 「目の距離」によってわかる事
  • 「唇の厚さ」によってわかる事
  • 「鼻と口の距離」によってわかる事

などなど…

人相科学を知っていれば採用に役立つ

話す前から、記述する前から、応募者の顔のパーツから面接官は情報を読み取る事が出来る訳です

採用面接で良く思われようとして模範解答言ったり、民間の適性検査で違う回答をしてたとしても、本質を見抜く事が出来れば、採用の際のミスマッチも防げます!

更には「タイプ別診断」との掛け合わせで、応募者の言葉と記述以外の「非言語」(挙動、にじみ出る雰囲気)からも多くの情報を得れる様になります

関連記事

  1. 模範解答の中から見極める
  2. 同じ言葉でも人によって信憑性が違う!?
PAGE TOP