ブログ

同じ言葉でも人によって信憑性が違う!?

面接で

「わたしには出来ます!」

と応募者が言った場合、応募者によって言葉の信憑性を面接官が調整して受け取るべきです

応募者が自己重要感タイプなのか、調和型タイプなのか

  • 自己重要感タイプは50%出来る!と思っている事を多め(60-80%など)で伝える
  • 調和型タイプは50%出来る!と思っている事を少な目(20-40%など)で伝える

という傾向がありがちです。
(パーセンテージは例えの数値)

また、「わたしには出来ます!」は

  • 自己重要感タイプの発言であれば、
    (そんなに自信がある訳でないけれども、元々が自信家なので少な目に見積もる)
  • 調和型タイプの発言であれば、
    (ある程度の根拠がないと言わないので多めに見積もる)

などの様に面接官は同じ言葉でも言う人によっての信憑性を見極めなければ言葉に振り回される場合があります。

勿論、全員がキレイに当てはまるものではないので人によって加減を知っておく必要があります

関連記事

  1. 人の「性格」の構成
  2. あなたに合った目標達成・問題解決方法はどのように知れるのか?
  3. 人相科学って占いみたいなもの?
  4. 気質心理学「気質」「性格」診断
  5. 模範解答の中から見極める
  6. もっと改善したい 今すぐ消し去りたい
  7. 気質でわかる事、性格でわかる事
  8. 自分の事ってわかります??
PAGE TOP