在り方

継続して成果を出すには「やり方」よりも、まずは「〇〇方」

「目標達成したい!」
「問題解決したい!」

となった場合、
多くの人は「やり方」を探して
行動を考えるのではないでしょうか?

 

しかし、考えて欲しいのですが、

例えば、ビルを建てる時は
先に土台作りからはじめるかと思います。

鉄筋コンクリートの頑丈なビルです!

といっても土台がしっかりしていないと
すぐに崩れてしまいます。

 

花を植える時も土壌が大切ですし、
運動する時も基礎体力が必要です。

大学生になるには、小中高生を経て
基本を身に付けてからになります

 

ビジネスで継続して成果を得る為には、
土台となる「人としての在り方」
が出来ている必要があります

 

「在り方」が出来ている事で

  • ものごとは運任せではなく、自分でコントロールできる事がわかる
  • 人に対する理解が深まり、相手からも理解されるようになる
  • 人から信頼される様になる
  • 人に指導出来る様になる
  • あなたの実力が上がっていく
  • 人と協力して大きな事を成し得る事ができる

 

「何」をするか?ではなく、「誰」がするか?

在り方はこの「」の部分です!

  • 医者が処方するから安心して薬が飲める
  • 専門家が言うから話が信じられる

肩書きがなくても、

あの人が言うなら間違いない!!

こんな人周りに居ませんか!?

あなたが、こんな上司・部下だったら
もう成功は目の前な気がしませんか!?

「在り方」を完成させた上で、
用途にあった「やり方」に進んでいきます!

 

弊社のコーチングでは、「在り方」
まずはじめに取り掛かる必須項目です、

一見、遠回りに思われるかもしれませんが、
結果「やり方」は加速していきます

投稿者プロフィール

藤田 秀幸
藤田 秀幸代表
「個々の才能をビジネスに活かす」「ビジネス心理技術」「言葉で病気をやめる」「言葉で不調をやめる」を行っていきます

-在り方