カウンセリング 病気をやめる

「口が痒い」という症状について

症状について

小学生の女の子の症状です。

ある日の晩ご飯の時から

口が我慢できなくなるくらい痒くなった

との事です。

原因について

ヒアリングの際、

母親と女の子は”その日何を食べたか”

という説明をしていました。

 

食べ物が原因とは限らない為、

その前後の会話や何があったのかを

こちらからは確認しました。

 

というのも、口に現れる症状は

  • 「新しい考えを受け入れたくない」
  • 「人を近づけたくない」
  • 「言いたい事を言えてない」

といった心理的原因が

背景にある場合があるからです

 

特に大きな出来事はないとの事でしたが

細かく掘り下げて聞いてみた所

症状が出た日の晩ご飯の時に

夫婦で話をしていた所、

その女の子が話しかけてきた為

父親が、「少し黙ってて」

といったというやり取りがあったらしく

私はそれが引っ掛かりました。

(口に症状が現れている為)

 

一見、大した出来事ではない風に

思われるかもしれませんが

多感な子どもの時期は

ちょっとした事で症状が現れやすいです

 

特に外部との問題は本人と外部との境である

皮膚に現れやすいです

 

対処方法

母親と話をして、女の子に伝えてもらいました

「〇〇ちゃん、あの日はゴメンね!

あの時はパパとの話の途中だったので

話しを聞けなかったけど

これからはたくさん話しを聞かせてね!」

 

そういって女の子を抱きよせてもらいました

 

それから数日経ちますが、

症状は出ていないみたいです

 

すぐに表れる症状は、

1回のセッションですぐに消える事が多いです

投稿者プロフィール

藤田 秀幸
藤田 秀幸代表
「個々の才能をビジネスに活かす」「ビジネス心理技術」「言葉で病気をやめる」「言葉で不調をやめる」を行っていきます
メールマガジン

経営者「脳」魂の改革

-カウンセリング, 病気をやめる