カウンセリング 病気をやめる

アトピーへの対応について

症状について

8歳の女の子です

 

4才から約4年間、首、背中、腹部、腕、足のかゆみが続いていて、

皮膚科で処方されている飲み薬と塗り薬を塗っているとの事です。

 

症状が発症した時に何があったのかくまなく聞いていきます。

 

原因について

本人不在、母親とのヒアリングで

思い当たる事を挙げてもらいました、

  • 幼稚園入園して、人見知りで毎日嫌がっていた
  • 小学校に入学して、学校が終わっても平日は毎日17時まで延長制度を利用している
    (早く迎えに来て!嫌だと主張してきている)
  • 小学校では口調のきつい子には怖くて言い返せずに言われっぱなし
  • 家で母親が少しでも見当たらないと探しまくる
  • 「どうせ自分なんか」「自分は大した事ない」など、自信のない発言が多め
  • 家で、自分以外の話しが行われていると、自分の話しを挟み込んできて邪魔をする
    (特に兄と母親が話し込んでいるのが幼少期から気に入らない様子)
  • 本人が話しかけている時に、母親は洗い物しながら「ふんふん」聞いている事に不満を感じている

 

対処方法

軽度のアトピーなので、

「炎症」「かゆみ」に対する対応と考えました

 

症状は、聞いた内容と症状の特徴から、

”自分の思いを抑えつけている”

”満たされていない何かがある”

これらを解消する方向で

 

母親に毎日5分で良いので

”手当て”をする様に提案してみました。

 

ここでいう”手当て”は気功の様に

幹部に手のひらを当てる事になります。

 

皮膚科の塗り薬を塗るときに

普段よりもコミュニケーション多めで

ゆっくりと時間かけてさすってもらう話をしました。

 

後日、様子をうかがった所、

3回目くらいで皮膚のカサカサは

治まったとの事でした

 

ストレートに欲求を示す子どもは

大人よりもシンプルでスッと解決する場合があります。

 

我慢したり、いい子でいないとと周囲に気を使ったり、

何も意思表示しない子の方がなかなか原因をつかめずに

対応が難しい場合があります。

 

かといって、大人がするワークも出来ないし

出来るだけ些細な事でも、多く話してもらう事だと思います

投稿者プロフィール

藤田 秀幸
藤田 秀幸代表
「個々の才能をビジネスに活かす」「ビジネス心理技術」「言葉で病気をやめる」「言葉で不調をやめる」を行っていきます
メールマガジン

経営者「脳」魂の改革

-カウンセリング, 病気をやめる