才能を活かす 採用

同じ言葉でも人によって信憑性が違う訳は!?

面接で

「わたしには出来ます!」

と応募者が言った場合、
応募者によって言葉の信憑性を
面接官が調整して受け取るべきです

 

応募者が直観型タイプなのか、感覚型タイプなのか

  • 直観型※タイプは50%出来る!
    と思っている事を多め
    (60-80%など)で伝える
  • 感覚型※タイプは50%出来る!
    と思っている事を少な目
    (20-40%など)で伝える

という傾向がありがちです。
(パーセンテージは例えの数値)

また、「わたしには出来ます!」は

  • 直観※タイプの発言であれば、
    (そんなに自信がある訳でないけれども、元々が自信家なので少な目に評価する)
  • 感覚型※タイプの発言であれば、
    (ある程度の根拠がないと言わないので多めに評価する)

などの様に
面接官は同じ言葉でも言う人によっての
信憑性を見極めなければ、
言葉に振り回される
場合があります。

勿論、
全員がキレイに当てはまるものではないので
人によって加減を知っておく必要があります

 

※「直観型」「感覚型」は、性格特性診断で用いるタイプの事です。

性格特性診断はこちらのカテゴリーを参照下さい

投稿者プロフィール

藤田 秀幸
藤田 秀幸代表
「個々の才能をビジネスに活かす」「ビジネス心理技術」「言葉で病気をやめる」「言葉で不調をやめる」を行っていきます

-才能を活かす, 採用
-