才能を活かす

人の才能を活用する方法

経営者である、あなたや部下が

”何が得意”で”どういった特性”を持っているか

「ぼんやり」とは理解していますよね!?

 

「ぼんやり」なので、

任せてるべきではない業務に配置してしまったり、

言い方を間違えて意図が伝わらなかったり・・・

良くある事だと思います

 

わかりやすい特性としては、

あなた自身や部下の判断基準が

「感情に訴える内容」が伝わりやすいのか、

「理論に訴える内容」の方が伝わりやすいのか

どちらかわかります??

この2つの対極したタイプに響く言い方があります。

感情的なタイプの人なら

「気持ち」とか、「どう感じた?」

といった言葉を多用します

 

理論的なタイプの人には、

「ルール」とか、「効率的」などという

言い方がすんなり受けいられやすいです

 

仕事の指示をする際に、

理論的な部下には

「この方法が達成感を得られるよ!」

と言ってもピンと来なくて、、

「この方法が無駄がないよ!」

と言う方が響きます

また、

「自己重要感の強いタイプ」と対極した

「協調性の強いタイプ」でも思想や行動が異なります

自己重要感の強いタイプの人は、

自分が正しいと思ったら、その場の雰囲気関係なく

相手が権威のある人であっても異論を唱えます

 

協調性の強いタイプの人は、

自分が正しいと思っても場の空気が乱れたり、

人間関係が崩れそうと思った時は受け流したり、

やんわり意見を言ったりする傾向があります。

これらの4タイプの組み合わせだけで、

特性と向き不向きがわかり、

 

どういった事に能力を発揮するか、

(何が苦手か)

どういった言動をするかがわかり、

その人の言葉の意図も理解する事が可能になってきます。

会社を経営するにあたって、

あなたの特性と部下の特性を理解すれば

 

ミスマッチやトラブルが防げます。

最小の労力で最大限の効果を得る事も可能です

「特性」は診断テストとテスト結果に基づく

ヒアリングで診断テストの精度を高めてから

戦略を提供していきます

 

これからも深掘りしていきますので

ご期待下さい

投稿者プロフィール

藤田 秀幸
藤田 秀幸代表
「個々の才能をビジネスに活かす」「ビジネス心理技術」「言葉で病気をやめる」「言葉で不調をやめる」を行っていきます
メールマガジン

経営者「脳」魂の改革

-才能を活かす