あなたの強みをビジネスに活かす方法

「強み」「弱み」をなぜ知る必要があるのか?

 

「強み」を知って、あなたの

「伸ばしやすく、成果が出しやすい」事

理解して、実行するためです

 

何故なら「強み」は、

  • 人よりも得意
  • 比較的簡単にできる
  • ずっとやってられる
  • 成長率が高い
  • 興味がある

という要素があるからです。

 

逆に「弱み」がわかっていると、

その事を自分が行わないという選択が出来たり、

他の人にサポートしてもらうという事が

事前にわかります

 

「強み」「弱み」はどうやって知れるのか?

「性格特性診断」+コンサルティング

この両方で「強み」「弱み」を知って、
戦略も得ることが可能です。

性格特性診断とは?

あなたの生まれ持った「性格特性」を知り、
「もっとも楽な戦略」を提案します。

 

今のあなたの「性格特性」
現状を理解して、
達成したい目標改善したい問題に対して
何を伸ばして、
何を補って変えていくべきか?

 

そもそもの目標自体が
あなたの性格特性とずれていないか?

 

目標が決まれば
目標と現状のギャップを埋める
プランを決めていきます

 

・障害となっているもの
・必要な考え方、スキル
・行動する内容、量
・フォローアップ

 

この「性格特性診断」は、

ユングの「タイプ論」をベースにしています

 

一般の人にも理解しやすい様に
人のタイプをシンプルに分けたものです。

 

内容は、同じく「タイプ論」を研究した、

「MBTI」、「ウェルスダイナミクス」、
「ストレングスファインダー」「DiSC®」

コーチングで使われる、
「コミュニケーションタイプ分け」

これらを参照していて
2014年より提供しています。

 

どういう人に特性分析が必要か!?

利き手が「右」で、
「左」用のハサミしかない事を
想定してください。

 

元々の利き手である右手が「性格特性」
実際に使う手(あまり使わない左手)を
現材の活動とイメージして下さい。

 

しばらくの期間が経って、
左手にすっかり慣れて
利き手と
ほぼ同じくらい
左用が使える様になれば、

元々の利き手が
どっちかという事を
問う必要はないと思います。

 

ですが、
左手でハサミを使うのに苦労したり、
ぎこちなくなるに場合は
戦略を考えなければなりません

 

🔷 元々得意な利き手のみの
クオリティーを上げる
(左手を使わないで済む事だけをしていく)

🔷 両手使える様に
苦手な左手も使っていく

 

もし、皆さんが今の活動やお仕事で

  • 苦痛を伴っている
  • 違和感を感じている
  • 多くの時間と労力を費やしても
    成果が表れない

といった場合は、
本来の性格特性に合っていない
「やり方」をしているかもしれません。

 

本来の「性格特性」を知って、
最もうまくいく戦略を考えましょう!

 

「営業が苦手」「家事が苦手」など、
職種ごと避けなくても
良いかもしれません。

 

「営業」といっても、
社交的な人が必ず
成功する訳ではありません。

 

どんなタイプの方であっても
「営業」がうまくいく
「やり方」を考えていきます

 

あなたの性格特性を4つの波調から診ていきます

完全に4パターンに分かれる、
という事ではなく、
人はこれらの要素を併せ持っています。

 

どの特性の要素が多いか!?

 

隣り合わせる気質のどちらかに
寄っているか!?

 

などを診ていきます

直観型(知覚基準)

結果主義【何を?】

◆ 特徴

  • 直感的
  • 想像的
  • 目的意識が強い
  • 自己主張が強く高圧的
  • 人目を気にしない
  • 自分の思いや企画を押し通せる
  • リーダー気質
  • 指図されることを好まない
  • 自信家、せっかち、てきぱき
  • 断定的に話す
  • 実益が高い目標を好む
  • 人のミスが許せない
    (他者に高い欲求を求める)
  • 柔軟性がない
  • 単刀直入

◆ 注意点

  • まわりくどく言わない

 

感情型(判断の基準)

主導権【誰が?】

◆ 特徴

  • 感情的、多様性
  • ルール、決まり事に拘らない
    (その時の気分)
  • おしゃべり好き、ムードメーカー
  • 喜怒哀楽が激しく情緒的
  • 柔軟性を持つ
  • お調子者
  • 注目される欲求
  • 積極的
  • 時間に厳格ではない

◆ 注意点

  • 褒める
    人前で批判したり恥をかかせない
  • 楽しい話題をして
    ネガティブな事は避ける

 

感覚型(知覚基準)

タイミング【いつ?どこで?】

◆ 特徴

  • 体感
  • 調和
  • 穏やか
  • 自分の思いよりも人との和を重宝する
  • 根気よい
  • 優柔不断で断れない
  • チームワーク
  • 聞き上手
  • 気配り
  • 受け身で八方美人に見られる
  • 人と一緒に過ごす

◆ 注意点

  • 主張はしてこないが、
    声をかけたり存在感を大事にする

 

理論型(判断の基準)

分析【どの様に】

◆ 特徴

  • 客観的
  • 効率的
  • 人付き合いは慎重
  • 冷静
  • 理論的
  • 正確
  • 情報収集
  • 知識欲
  • 感情が伝わりにくい
  • 閉鎖的
  • リスクを取らず枠の中に収まる
  • 予測不能を避ける

◆ 注意点

  • 根拠をしっかり示して伝える
  • 納得するまで決断しないので
    焦らず待つ

 

あなたの判断機能、コミュニケーション機能を8タイプに診断していきます

診断表に答えていただき、
その回答からあなたに最も近いタイプを
診断していきます

  • 何故そう思うか理由を確認
  • 選択する基準(相対性)を確認
  • 願望・憧れなのか、
    仕事柄必要な事だからか
    思い込みなのか

回答の内容に
これらの要素が絡み合っていないか、
診断で紐解いていきます

 

性格特性診断を理解して得られる事

 

🔷既に成功している、
自分と近い特徴を持つ人から
戦略をモデリング(真似)できる

(戦略をイチから模索しない、
自分が苦手な特徴の成功者の戦略を
そのまま採用しない)

 

🔷現状しっくりきていない事、
周りのみんなはさらっとできるのに、
自分だけなかなか思う様にできない。

逆に、そんなに苦労していない
(そう感じていない)のに
ある程度の成果を出せている、
ずっと続けてられる事がわかる

 

🔷周りとのコミュニケーションが
劇的に改善する。

経営者、幹部なら
仕事の業績にも大きな影響を及ぼす

 

🔷合う仕事を探すのではなく、
今の仕事のうまくいくやり方が考えられる

得手不得手を知って、何を伸ばして、
何を補うべきか考えられる

 


 

メールマガジンは無料ですが、有料として提供している情報、その他メルマガ読者さまのみを優先した情報、特典もご案内しています。

よければご登録お願いします

今いる社員だけでもっと売り上げを上げる方法